結婚おめでとう!
結婚式、披露宴、ハネムーン、招待状の出し方、スピーチのノウハウなど結婚に関する情報満載!

これから結婚する人、結婚を考えている人、結婚したいんだけどまだ決心できない人へ向けて、結婚に役立つ情報や裏技を提供しています。
人生の一大イベントである結婚を楽しく成功させるためのお力になれたらと思います。

記念品交換と婚約通知状

 婚約記念品の交換


 婚約記念品の交換は、結納のように格式張ることなく、お互いの記念品を交換することで、婚約の成立とする方法です。


 記念品として交換するものは、男性からは婚約指輪、女性からはカフスボタンやタイピン、腕時計など身につけるものが一般的です。


 また、せっかく記念の品を交換するのですから、ホテルや結婚式場の一室を借りて、双方の家族が集まって行ない、会食などするのもよいでしょう。そのときまで双方の両親が顔を会わせることがなかったカップルでも、両家が正式に会うことになりますから、意義も大きくなります。


 贈り物には、奉書紙で折った目録をつけ、片木盆に載せて差し出すのが正式です。


婚約指輪は、男性の母親譲りのもの、形見などを贈るのもよいものです。新品とはひと味違う、深い愛情を感じさせてくれます。


人気投票・NO1のピンクダイヤモンド婚約指輪

婚約式と婚約パーティー

 婚約式の意味と大まかな進行


婚約式とは、キリスト教徒が婚約をするときに行う儀式です。


結納式が「家」を中心としているのに対し、婚約式は二人が中心となります。


そのせいか、現在は信者以外でも行う人が増えているそうです。


 信者であれば、当人や家族が教会に出向き、神のもとで婚約の誓いを交わします。信者でなければ、家族や友人に立会人になってもらい、ホテルなどで行います。


 ホテルなどで行う婚約式は、婚約誓書の取り扱いが中心になります。進行としては、立会人の挨拶と二人による婚約誓書の朗読、署名と捺印後に立会人にも署名・捺印してもらい、婚約成立の証とするものです。


 


 婚約パーティーの意味と進行


 披露宴は、家を中心にお客様を招くことが多いので、日ごろ付き合いの薄い親族や、父親の仕事関係の人なども出席します。これに対して婚約パーティーは、本人の交友関係を主体に開かれます。


 パーティーの形式や会場には決まりがないので、自宅でささやかにおこなってもよいですし、レストランでのティーパーティーやカクテルパーティーなどでもかまいません。豪華にするよりも出席した人が楽しく語りあえる和やかな雰囲気にしたいものです。


 


「チョコレートフォンデュファウンテン 」


和やかなパーティーにに新しいデザート演出をどうぞ!!


 

 




この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援のクリックお願いします!

婚約式と婚約パーティー

 婚約式の意味と大まかな進行


婚約式とは、キリスト教徒が婚約をするときに行う儀式です。


結納式が「家」を中心としているのに対し、婚約式は二人が中心となります。


そのせいか、現在は信者以外でも行う人が増えているそうです。


 信者であれば、当人や家族が教会に出向き、神のもとで婚約の誓いを交わします。信者でなければ、家族や友人に立会人になってもらい、ホテルなどで行います。


 ホテルなどで行う婚約式は、婚約誓書の取り扱いが中心になります。進行としては、立会人の挨拶と二人による婚約誓書の朗読、署名と捺印後に立会人にも署名・捺印してもらい、婚約成立の証とするものです。


 


 婚約パーティーの意味と進行


 披露宴は、家を中心にお客様を招くことが多いので、日ごろ付き合いの薄い親族や、父親の仕事関係の人なども出席します。これに対して婚約パーティーは、本人の交友関係を主体に開かれます。


 パーティーの形式や会場には決まりがないので、自宅でささやかにおこなってもよいですし、レストランでのティーパーティーやカクテルパーティーなどでもかまいません。豪華にするよりも出席した人が楽しく語りあえる和やかな雰囲気にしたいものです。


 


「チョコレートフォンデュファウンテン 」


和やかなパーティーにに新しいデザート演出をどうぞ!!


 

 




この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援のクリックお願いします!

婚約を解消することになったら...(自分から解消する場合)

婚約者の異性関係が派手であるとか、過去の好ましからぬ行状が今になって分かった場合、または自分あの事情で結婚できなくなったときには、まず仲人に事情を話すのが良いでしょう。


その際はご両親も動向して、解消の申し入れは親も承知していることを理解してもらいます。


そのうえで、理由をはっきり述べ、相手側には仲人から伝えてもらいます。


自分側の事情で解消を申し入れ、相手もそれを承知したら、結納品や結納金、婚約指輪など取り交わしたものは先方にお返しします。


 仲人がいなければ、両家で信頼できる人に立会人になってもらい、その人を通して話を進めることになります。


 どちらにしても直接婚約者に解消を申し入れたり、品物を返却するのは避けた方がよいでしょう。


 お互いが感情的になり、トラブルの元となったりします。


第三者を挟んで、適切な対応をお願いしましょう。





この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援のクリックをお願いします!

婚約を解消することになったら...(自分から解消する場合)

婚約者の異性関係が派手であるとか、過去の好ましからぬ行状が今になって分かった場合、または自分あの事情で結婚できなくなったときには、まず仲人に事情を話すのが良いでしょう。


その際はご両親も動向して、解消の申し入れは親も承知していることを理解してもらいます。


そのうえで、理由をはっきり述べ、相手側には仲人から伝えてもらいます。


自分側の事情で解消を申し入れ、相手もそれを承知したら、結納品や結納金、婚約指輪など取り交わしたものは先方にお返しします。


 仲人がいなければ、両家で信頼できる人に立会人になってもらい、その人を通して話を進めることになります。


 どちらにしても直接婚約者に解消を申し入れたり、品物を返却するのは避けた方がよいでしょう。


 お互いが感情的になり、トラブルの元となったりします。


第三者を挟んで、適切な対応をお願いしましょう。





この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援のクリックをお願いします!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。