結婚おめでとう!
結婚式、披露宴、ハネムーン、招待状の出し方、スピーチのノウハウなど結婚に関する情報満載!

これから結婚する人、結婚を考えている人、結婚したいんだけどまだ決心できない人へ向けて、結婚に役立つ情報や裏技を提供しています。
人生の一大イベントである結婚を楽しく成功させるためのお力になれたらと思います。

【結婚恐怖症】 秋山眞人 著

なぜ、結婚しないのか?なぜ、結婚できないのか?


秋山 眞人著「結婚恐怖症」


様々な結婚観や、"生きにくい"時代の中での急変する価値観の中で、「結婚恐怖症」の女性が増えているそうです。


この本は、「子育てが怖い」「普通のおばさんになりたくない」など様々な事例を示し、その心理に迫っていきます。


三万人余の人々と対話し、その心を癒してきた著者が、今度は「結婚恐怖症」に冒された女性たちの心を真っ直ぐに見つめてくれます。


では、自分はどのケースなのか?客観的に「結婚恐怖症」を見つめなおす機会を与えてくれる本だと思います。


〜著者紹介〜


秋山眞人(あきやま まこと)氏
1960年、静岡県に生まれる。
「潜在未知能力」「気」についての教育、実践に関する独自の分野を築く。著書は50点を超え、訳書も多数。国際気能法研究所所長。国際未知能力研究会代表。中国政府公認漢中気候研究所の高級顧問でもある。1992年カリフォルニア・パシフィックウエスタン大学にて博士号取得。


秋山 眞人著「結婚恐怖症」


序 「マリッジアウト」で手に入れる、あたらしい女の生き方
第1章 マリッジフィアーウィメン
第2章 セックスフィアーウィメン
第3章 自己喪失ぎりぎりのオンナたち
第4章 出産が、子育てがこわい。「母」になれないオンナたち

【結婚恐怖症】 秋山眞人 著

なぜ、結婚しないのか?なぜ、結婚できないのか?


秋山 眞人著「結婚恐怖症」


様々な結婚観や、"生きにくい"時代の中での急変する価値観の中で、「結婚恐怖症」の女性が増えているそうです。


この本は、「子育てが怖い」「普通のおばさんになりたくない」など様々な事例を示し、その心理に迫っていきます。


三万人余の人々と対話し、その心を癒してきた著者が、今度は「結婚恐怖症」に冒された女性たちの心を真っ直ぐに見つめてくれます。


では、自分はどのケースなのか?客観的に「結婚恐怖症」を見つめなおす機会を与えてくれる本だと思います。


〜著者紹介〜


秋山眞人(あきやま まこと)氏
1960年、静岡県に生まれる。
「潜在未知能力」「気」についての教育、実践に関する独自の分野を築く。著書は50点を超え、訳書も多数。国際気能法研究所所長。国際未知能力研究会代表。中国政府公認漢中気候研究所の高級顧問でもある。1992年カリフォルニア・パシフィックウエスタン大学にて博士号取得。


秋山 眞人著「結婚恐怖症」


序 「マリッジアウト」で手に入れる、あたらしい女の生き方
第1章 マリッジフィアーウィメン
第2章 セックスフィアーウィメン
第3章 自己喪失ぎりぎりのオンナたち
第4章 出産が、子育てがこわい。「母」になれないオンナたち

【結婚恐怖症】 秋山眞人 著

なぜ、結婚しないのか?なぜ、結婚できないのか?


秋山 眞人著「結婚恐怖症」


様々な結婚観や、"生きにくい"時代の中での急変する価値観の中で、「結婚恐怖症」の女性が増えているそうです。


この本は、「子育てが怖い」「普通のおばさんになりたくない」など様々な事例を示し、その心理に迫っていきます。


三万人余の人々と対話し、その心を癒してきた著者が、今度は「結婚恐怖症」に冒された女性たちの心を真っ直ぐに見つめてくれます。


では、自分はどのケースなのか?客観的に「結婚恐怖症」を見つめなおす機会を与えてくれる本だと思います。


〜著者紹介〜


秋山眞人(あきやま まこと)氏
1960年、静岡県に生まれる。
「潜在未知能力」「気」についての教育、実践に関する独自の分野を築く。著書は50点を超え、訳書も多数。国際気能法研究所所長。国際未知能力研究会代表。中国政府公認漢中気候研究所の高級顧問でもある。1992年カリフォルニア・パシフィックウエスタン大学にて博士号取得。


秋山 眞人著「結婚恐怖症」


序 「マリッジアウト」で手に入れる、あたらしい女の生き方
第1章 マリッジフィアーウィメン
第2章 セックスフィアーウィメン
第3章 自己喪失ぎりぎりのオンナたち
第4章 出産が、子育てがこわい。「母」になれないオンナたち

映画「プロポーズ」って知ってますか?

結婚おめでとう!@よっしぃです。


「彼は私を愛しているはず、なのになかなかプロポーズしてくれない」疑問と不安で混乱する女心を抱えている女性は、案外多いはず。


それを男心に聞いてみれば、「結婚したらもう他の女性と恋愛できないし、彼女は愛しているけれど、残りの一生を一人に捧げろなんて酷だっ!」ということになりそう。


自由を愛し、束縛を恐れるそんな独身男の一人が、主人公ジミー・シャノン(クリス・オドネル)。恋愛時代は楽しいのに、彼女が“二人の未来”を話題にしたとたん、愛が急速冷却されてしまう典型的《結婚恐怖症》なのだ。



 こんな態度を見せられたら、彼女だって意地になる。「女の子は子供の頃から幸福な花嫁を夢見ているのよ!100パーセント望まれない結婚なんて願い下げだわ!」てな具合。ひざまずけとは言わないまでも、一生に一度のプロポーズくらいヒロイン気分を味わいたいのだ。というわけで、結婚恐怖症男×意地っ張り女というカップル、結婚までの道のりは遠いのである。




プロポーズ映画「プロポーズ」より

最近、この手のカップル多いですね。みんな結婚恐怖症なのかな?
結婚はする前に恐れていてもなにも始まらないんです。
だって、結婚はあくまでもスタートなのですから。
そこから2人で作り上げていくものなのです。


この記事、お役に立ちましたか?
ランキングへクリックお願いします!

映画「プロポーズ」って知ってますか?

結婚おめでとう!@よっしぃです。


「彼は私を愛しているはず、なのになかなかプロポーズしてくれない」疑問と不安で混乱する女心を抱えている女性は、案外多いはず。


それを男心に聞いてみれば、「結婚したらもう他の女性と恋愛できないし、彼女は愛しているけれど、残りの一生を一人に捧げろなんて酷だっ!」ということになりそう。


自由を愛し、束縛を恐れるそんな独身男の一人が、主人公ジミー・シャノン(クリス・オドネル)。恋愛時代は楽しいのに、彼女が“二人の未来”を話題にしたとたん、愛が急速冷却されてしまう典型的《結婚恐怖症》なのだ。



 こんな態度を見せられたら、彼女だって意地になる。「女の子は子供の頃から幸福な花嫁を夢見ているのよ!100パーセント望まれない結婚なんて願い下げだわ!」てな具合。ひざまずけとは言わないまでも、一生に一度のプロポーズくらいヒロイン気分を味わいたいのだ。というわけで、結婚恐怖症男×意地っ張り女というカップル、結婚までの道のりは遠いのである。




プロポーズ映画「プロポーズ」より

最近、この手のカップル多いですね。みんな結婚恐怖症なのかな?
結婚はする前に恐れていてもなにも始まらないんです。
だって、結婚はあくまでもスタートなのですから。
そこから2人で作り上げていくものなのです。


この記事、お役に立ちましたか?
ランキングへクリックお願いします!

映画「プロポーズ」って知ってますか?

結婚おめでとう!@よっしぃです。


「彼は私を愛しているはず、なのになかなかプロポーズしてくれない」疑問と不安で混乱する女心を抱えている女性は、案外多いはず。


それを男心に聞いてみれば、「結婚したらもう他の女性と恋愛できないし、彼女は愛しているけれど、残りの一生を一人に捧げろなんて酷だっ!」ということになりそう。


自由を愛し、束縛を恐れるそんな独身男の一人が、主人公ジミー・シャノン(クリス・オドネル)。恋愛時代は楽しいのに、彼女が“二人の未来”を話題にしたとたん、愛が急速冷却されてしまう典型的《結婚恐怖症》なのだ。



 こんな態度を見せられたら、彼女だって意地になる。「女の子は子供の頃から幸福な花嫁を夢見ているのよ!100パーセント望まれない結婚なんて願い下げだわ!」てな具合。ひざまずけとは言わないまでも、一生に一度のプロポーズくらいヒロイン気分を味わいたいのだ。というわけで、結婚恐怖症男×意地っ張り女というカップル、結婚までの道のりは遠いのである。




プロポーズ映画「プロポーズ」より

最近、この手のカップル多いですね。みんな結婚恐怖症なのかな?
結婚はする前に恐れていてもなにも始まらないんです。
だって、結婚はあくまでもスタートなのですから。
そこから2人で作り上げていくものなのです。


この記事、お役に立ちましたか?
ランキングへクリックお願いします!

結婚恐怖症はなぜ増えているのか?

結婚おめでとう!のよっしぃです。世の中には「結婚恐怖症」という言葉があるそうです。


数日前、「自分は結婚恐怖症だ」というある男性からメールを頂きました。結婚後に起こりうる不幸、つまり子供の離反や離婚のリスクなどを考えると結婚する気になれないといいます。

 結婚は義務ではないので結婚するのもしないのも自由です。逆に今はこの自由が自分で判断しなければいけないという状況を作り出し、自分で判断した後の結果は自分で責任を負わねばならないという具合に言い訳ができなくなって苦しいのかもしれません。

 昔は年頃になるとどこからともなく縁談が持ち上がり、半分強制的に結婚する人も多かったようですが、その場合は上手く行かなくても、親や世間のせいにすることができました。仲の良い老夫婦が結婚した当時は大嫌いだったと、こぼれるような笑顔を見せながら話す姿を見ると結婚って何だろう?と考えたりします。

 「私たちは生まれると同時に、役を仕込まれていない役者のように生を即興に演じなければならない。人間の自由は、人間にとって運命であり呪いである。」と言ったのはサルトルですが、男が威張っていた時代は男達は威張る夫を演じ、女性は何歩か後を歩くという役を演じていました。しゃしゃり出たい女性が居たように、威張りたくない男も居たはずです、しかし少なくとも外ではその役を演じなければいけませんでした。逆に言うとある程度、役は決まっていたとも言えます。

 今では威張る男を演じることは自分が威張る男であることを世間に示すことになります。嫌われたくない男達は女性が望む優しい男を演じようとしますが、優しそうな男を演じることは出来ても優しくあることとはまた別の話です。

 自分はこういう夫や親でありたいと願いながら、現実の自分がそれに届かず、どう振る舞えばよいのか分からず、自由であることが如何に不自由であるかを思い知って苦しむこともあります。しかし、その苦しみを味わっているのは最愛の結婚相手もまた同じだということを忘れてしまいます。

 結婚恐怖症の原因は、自分がどういう夫や妻や親を演じれば良いのかイメージが湧かず、失敗してしまう自分が頭に浮かんでそれが恐怖につながっているように思います。

 でもお安心ください。誰もが失敗を重ねていながらそれを表に出していないから、失敗したら自分だけが落ちこぼれているように感じますが、どんなに偉い人も結婚に関する限り、落ちこぼればかりです。編者は偉くもないのに落ちこぼれています。

--------------------------------------------------------------------------------


みんな結婚に「正解」があると思っているから、結婚が怖くなるのでしょうね。


結婚には「正解」なんてありません。


自分らしい「結婚」を見つけてくださいね。


心理コラムのxSUNxより引用させていただきました。


↓既婚者にもおすすめ!目からウロコです。


知られざる結婚の真実・知られざる離婚の真実 「本当に幸せになる結婚生活・恋愛生活のススメ」



この記事、お役に立ちました?クリックお願いします!

結婚恐怖症はなぜ増えているのか?

結婚おめでとう!のよっしぃです。世の中には「結婚恐怖症」という言葉があるそうです。


数日前、「自分は結婚恐怖症だ」というある男性からメールを頂きました。結婚後に起こりうる不幸、つまり子供の離反や離婚のリスクなどを考えると結婚する気になれないといいます。

 結婚は義務ではないので結婚するのもしないのも自由です。逆に今はこの自由が自分で判断しなければいけないという状況を作り出し、自分で判断した後の結果は自分で責任を負わねばならないという具合に言い訳ができなくなって苦しいのかもしれません。

 昔は年頃になるとどこからともなく縁談が持ち上がり、半分強制的に結婚する人も多かったようですが、その場合は上手く行かなくても、親や世間のせいにすることができました。仲の良い老夫婦が結婚した当時は大嫌いだったと、こぼれるような笑顔を見せながら話す姿を見ると結婚って何だろう?と考えたりします。

 「私たちは生まれると同時に、役を仕込まれていない役者のように生を即興に演じなければならない。人間の自由は、人間にとって運命であり呪いである。」と言ったのはサルトルですが、男が威張っていた時代は男達は威張る夫を演じ、女性は何歩か後を歩くという役を演じていました。しゃしゃり出たい女性が居たように、威張りたくない男も居たはずです、しかし少なくとも外ではその役を演じなければいけませんでした。逆に言うとある程度、役は決まっていたとも言えます。

 今では威張る男を演じることは自分が威張る男であることを世間に示すことになります。嫌われたくない男達は女性が望む優しい男を演じようとしますが、優しそうな男を演じることは出来ても優しくあることとはまた別の話です。

 自分はこういう夫や親でありたいと願いながら、現実の自分がそれに届かず、どう振る舞えばよいのか分からず、自由であることが如何に不自由であるかを思い知って苦しむこともあります。しかし、その苦しみを味わっているのは最愛の結婚相手もまた同じだということを忘れてしまいます。

 結婚恐怖症の原因は、自分がどういう夫や妻や親を演じれば良いのかイメージが湧かず、失敗してしまう自分が頭に浮かんでそれが恐怖につながっているように思います。

 でもお安心ください。誰もが失敗を重ねていながらそれを表に出していないから、失敗したら自分だけが落ちこぼれているように感じますが、どんなに偉い人も結婚に関する限り、落ちこぼればかりです。編者は偉くもないのに落ちこぼれています。

--------------------------------------------------------------------------------


みんな結婚に「正解」があると思っているから、結婚が怖くなるのでしょうね。


結婚には「正解」なんてありません。


自分らしい「結婚」を見つけてくださいね。


心理コラムのxSUNxより引用させていただきました。


↓既婚者にもおすすめ!目からウロコです。


知られざる結婚の真実・知られざる離婚の真実 「本当に幸せになる結婚生活・恋愛生活のススメ」



この記事、お役に立ちました?クリックお願いします!

結婚恐怖症はなぜ増えているのか?

結婚おめでとう!のよっしぃです。世の中には「結婚恐怖症」という言葉があるそうです。


数日前、「自分は結婚恐怖症だ」というある男性からメールを頂きました。結婚後に起こりうる不幸、つまり子供の離反や離婚のリスクなどを考えると結婚する気になれないといいます。

 結婚は義務ではないので結婚するのもしないのも自由です。逆に今はこの自由が自分で判断しなければいけないという状況を作り出し、自分で判断した後の結果は自分で責任を負わねばならないという具合に言い訳ができなくなって苦しいのかもしれません。

 昔は年頃になるとどこからともなく縁談が持ち上がり、半分強制的に結婚する人も多かったようですが、その場合は上手く行かなくても、親や世間のせいにすることができました。仲の良い老夫婦が結婚した当時は大嫌いだったと、こぼれるような笑顔を見せながら話す姿を見ると結婚って何だろう?と考えたりします。

 「私たちは生まれると同時に、役を仕込まれていない役者のように生を即興に演じなければならない。人間の自由は、人間にとって運命であり呪いである。」と言ったのはサルトルですが、男が威張っていた時代は男達は威張る夫を演じ、女性は何歩か後を歩くという役を演じていました。しゃしゃり出たい女性が居たように、威張りたくない男も居たはずです、しかし少なくとも外ではその役を演じなければいけませんでした。逆に言うとある程度、役は決まっていたとも言えます。

 今では威張る男を演じることは自分が威張る男であることを世間に示すことになります。嫌われたくない男達は女性が望む優しい男を演じようとしますが、優しそうな男を演じることは出来ても優しくあることとはまた別の話です。

 自分はこういう夫や親でありたいと願いながら、現実の自分がそれに届かず、どう振る舞えばよいのか分からず、自由であることが如何に不自由であるかを思い知って苦しむこともあります。しかし、その苦しみを味わっているのは最愛の結婚相手もまた同じだということを忘れてしまいます。

 結婚恐怖症の原因は、自分がどういう夫や妻や親を演じれば良いのかイメージが湧かず、失敗してしまう自分が頭に浮かんでそれが恐怖につながっているように思います。

 でもお安心ください。誰もが失敗を重ねていながらそれを表に出していないから、失敗したら自分だけが落ちこぼれているように感じますが、どんなに偉い人も結婚に関する限り、落ちこぼればかりです。編者は偉くもないのに落ちこぼれています。

--------------------------------------------------------------------------------


みんな結婚に「正解」があると思っているから、結婚が怖くなるのでしょうね。


結婚には「正解」なんてありません。


自分らしい「結婚」を見つけてくださいね。


心理コラムのxSUNxより引用させていただきました。


↓既婚者にもおすすめ!目からウロコです。


知られざる結婚の真実・知られざる離婚の真実 「本当に幸せになる結婚生活・恋愛生活のススメ」



この記事、お役に立ちました?クリックお願いします!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。