結婚おめでとう!
結婚式、披露宴、ハネムーン、招待状の出し方、スピーチのノウハウなど結婚に関する情報満載!

これから結婚する人、結婚を考えている人、結婚したいんだけどまだ決心できない人へ向けて、結婚に役立つ情報や裏技を提供しています。
人生の一大イベントである結婚を楽しく成功させるためのお力になれたらと思います。

おすすめのお呼ばれ和服1

染色作家 大島 明 ハイグレード黒留袖 御所車。染色作家 大島 明 ハイグレード黒留袖 御所車。

黒留袖は祝儀のためのフォーマルな着物で、黒地の着物の背中の中心、両胸、両外袖の五箇所に日向紋を染め抜き、裾に模様を描いたもののことを指します。
女性が18歳になったとき、または結婚したとき、それまでに着ていた振袖の長い袖を切って短くしました。この風習を「留袖」といいます。
このように、留袖はもともと、大人の女性がごく普通に着るものを指しましたが、19世紀のはじめ頃、黒地染め抜き日向五つ紋の裾模様を既婚女性の式服とする慣習が民間に広がり、以来、このきものを黒留袖と言い習わしています。
現代では、黒留袖は、結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用します。


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

留袖はいざという時はやはり活躍できるアイテムです。でもどうせ着るのでしたら、本当に良いものを選びたいですね。
こちらは「京友禅手描黒留袖」


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

京友禅とは、着物の生地を染める技法で、江戸時代までに編み出された染色法をもとに、元禄年間、京都・祇園あたりに住む扇絵師、宮崎友禅斎が美しく華麗な絵を描くことを加えたのが始まりといわれます。


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

最近では、結婚式で留袖を見ることが少なくなってきましたが、やはり日本の伝統あるフォーマルウェアですので、留袖を綺麗に着こなせる女性に憧れてしまいます。



いかがでしたか?既婚の女性は、ぜひ着こなして結婚式に望みたいものですね。綺麗すぎて、ため息がでちゃいます

おすすめのお呼ばれ和服1

染色作家 大島 明 ハイグレード黒留袖 御所車。染色作家 大島 明 ハイグレード黒留袖 御所車。

黒留袖は祝儀のためのフォーマルな着物で、黒地の着物の背中の中心、両胸、両外袖の五箇所に日向紋を染め抜き、裾に模様を描いたもののことを指します。
女性が18歳になったとき、または結婚したとき、それまでに着ていた振袖の長い袖を切って短くしました。この風習を「留袖」といいます。
このように、留袖はもともと、大人の女性がごく普通に着るものを指しましたが、19世紀のはじめ頃、黒地染め抜き日向五つ紋の裾模様を既婚女性の式服とする慣習が民間に広がり、以来、このきものを黒留袖と言い習わしています。
現代では、黒留袖は、結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用します。


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

留袖はいざという時はやはり活躍できるアイテムです。でもどうせ着るのでしたら、本当に良いものを選びたいですね。
こちらは「京友禅手描黒留袖」


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

京友禅とは、着物の生地を染める技法で、江戸時代までに編み出された染色法をもとに、元禄年間、京都・祇園あたりに住む扇絵師、宮崎友禅斎が美しく華麗な絵を描くことを加えたのが始まりといわれます。


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

最近では、結婚式で留袖を見ることが少なくなってきましたが、やはり日本の伝統あるフォーマルウェアですので、留袖を綺麗に着こなせる女性に憧れてしまいます。



いかがでしたか?既婚の女性は、ぜひ着こなして結婚式に望みたいものですね。綺麗すぎて、ため息がでちゃいます

おすすめのお呼ばれ和服1

染色作家 大島 明 ハイグレード黒留袖 御所車。染色作家 大島 明 ハイグレード黒留袖 御所車。

黒留袖は祝儀のためのフォーマルな着物で、黒地の着物の背中の中心、両胸、両外袖の五箇所に日向紋を染め抜き、裾に模様を描いたもののことを指します。
女性が18歳になったとき、または結婚したとき、それまでに着ていた振袖の長い袖を切って短くしました。この風習を「留袖」といいます。
このように、留袖はもともと、大人の女性がごく普通に着るものを指しましたが、19世紀のはじめ頃、黒地染め抜き日向五つ紋の裾模様を既婚女性の式服とする慣習が民間に広がり、以来、このきものを黒留袖と言い習わしています。
現代では、黒留袖は、結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用します。


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

留袖はいざという時はやはり活躍できるアイテムです。でもどうせ着るのでしたら、本当に良いものを選びたいですね。
こちらは「京友禅手描黒留袖」


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

京友禅とは、着物の生地を染める技法で、江戸時代までに編み出された染色法をもとに、元禄年間、京都・祇園あたりに住む扇絵師、宮崎友禅斎が美しく華麗な絵を描くことを加えたのが始まりといわれます。


京友禅手描黒留袖京友禅手描黒留袖

最近では、結婚式で留袖を見ることが少なくなってきましたが、やはり日本の伝統あるフォーマルウェアですので、留袖を綺麗に着こなせる女性に憧れてしまいます。



いかがでしたか?既婚の女性は、ぜひ着こなして結婚式に望みたいものですね。綺麗すぎて、ため息がでちゃいます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。