結婚おめでとう!
結婚式、披露宴、ハネムーン、招待状の出し方、スピーチのノウハウなど結婚に関する情報満載!

これから結婚する人、結婚を考えている人、結婚したいんだけどまだ決心できない人へ向けて、結婚に役立つ情報や裏技を提供しています。
人生の一大イベントである結婚を楽しく成功させるためのお力になれたらと思います。

インターネットのおかげ?!格安ウェディングドレス

ウェディングドレスって、借りてみると結構レンタル料がかかるものです。


ドレスやレンタルするお店によって、レンタル料は様々ですが、最近の相場としては大体5〜50万円(!!)くらいはするのだそうです。


晴れの日の手前、値切る訳にもいかず、渋々高いレンタル料を払って借りました。という人も多いはず。


今回は、結婚式から奥様の節約力を示すことになる、「いかに格安でウェディングドレスを手に入れられるか?!」について考えてみました。


今までは、地元のお店でレンタルやオーダーをするのが一般的でしたが、今や時代はIT時代!インターネットを駆使して、格安でドレスを手に入れましょう!


やはり一番のおすすめは「オークション」です!


ウエディングドレスを買ってみたものの、結婚式で一回着たっきりタンスの奥にしまってあるという奥様は多いものです。しかも、そのほとんどは良い状態で保管してあると思うので、オークションに出ていたら即チェックしたらよいですね。


一生の晴れ姿を飾るためのドレスですので、時間を掛けてじっくり吟味して落札してください。


出品者と親しくなれれば、いろいろなお話も聞く事ができるかもしれませんね。「ドレスの歴史」として、ウェルカムボードなどにまとめれば、皆感動して読んでくれるかもしれません。


オークションも良いですが、「やはり自分で手作りを!!」というこだわりのある方は、インターネットで手に入れられる手作りキットがおすすめです。


デジタルファクトリー小江戸さんが販売している「手作りウェディングドレスキット」は、型紙や生地、作り方のマニュアルまで親切丁寧に解説されているので、お裁縫が苦手な方も、時間を掛ければ綺麗なドレスを自分で作れます。


さあ、結婚初日から、早速良妻ぶりを発揮しちゃってくださいね!(^^

ウェディングドレスの種類

結婚式は女性にとって特別なもの。


自分を素敵に魅せてくれるウェディングドレスを選びたいですよね。


ウェディングドレスにも、何通りかのスタイルがあるのを頭に入れておけば、実際に選ぶときに慌てなくてすむでしょう。


生地や素材、織りなども様々ですが、今回は「スタイル-型-」について説明します。


ウェディングドレスは大きく分けて4つのスタイルがあります。


    1.Aライン  2.プリンセス  3.スレンダー  4.マーメイド


●「Aライン」・・・高めのウエスト位置から裾にかけてナチュラルに広がり、スタイルよく見せてくれます。


●「プリンセス」・・・スカートの下にふくらみを出すためのパニエをはくため、スカートにボリュームがあり、華やかな雰囲気が魅力。  


●「スレンダー」・・・体のラインに沿った細身のシルエットで、エレガントで優雅な印象を与えます。


●「マーメイド」・・・ひざ下のあたりから広がる人魚のようなラインが女性らしさを引き立ててくれます。


 


それぞれのラインが、とても女性の魅力を引き出してくれますので、自分の体型や好みによって、じっくり選んでみてください。


 


ウエディングドレスのアリアンサ東京 さんのサイトが参考になると思います。


自宅でウェディングドレスを試着できるシステムがありますので、自分にあったドレスをじっくり選びたい方には朗報です。(全国無料発送)

デザイナーが直接対応できるウエディングドレスショップ。
50000円以下の格安ドレスも豊富に取り揃えています。

ウェディングドレスの種類

結婚式は女性にとって特別なもの。


自分を素敵に魅せてくれるウェディングドレスを選びたいですよね。


ウェディングドレスにも、何通りかのスタイルがあるのを頭に入れておけば、実際に選ぶときに慌てなくてすむでしょう。


生地や素材、織りなども様々ですが、今回は「スタイル-型-」について説明します。


ウェディングドレスは大きく分けて4つのスタイルがあります。


    1.Aライン  2.プリンセス  3.スレンダー  4.マーメイド


●「Aライン」・・・高めのウエスト位置から裾にかけてナチュラルに広がり、スタイルよく見せてくれます。


●「プリンセス」・・・スカートの下にふくらみを出すためのパニエをはくため、スカートにボリュームがあり、華やかな雰囲気が魅力。  


●「スレンダー」・・・体のラインに沿った細身のシルエットで、エレガントで優雅な印象を与えます。


●「マーメイド」・・・ひざ下のあたりから広がる人魚のようなラインが女性らしさを引き立ててくれます。


 


それぞれのラインが、とても女性の魅力を引き出してくれますので、自分の体型や好みによって、じっくり選んでみてください。


 


ウエディングドレスのアリアンサ東京 さんのサイトが参考になると思います。


自宅でウェディングドレスを試着できるシステムがありますので、自分にあったドレスをじっくり選びたい方には朗報です。(全国無料発送)

デザイナーが直接対応できるウエディングドレスショップ。
50000円以下の格安ドレスも豊富に取り揃えています。

ウェディングドレスの種類

結婚式は女性にとって特別なもの。


自分を素敵に魅せてくれるウェディングドレスを選びたいですよね。


ウェディングドレスにも、何通りかのスタイルがあるのを頭に入れておけば、実際に選ぶときに慌てなくてすむでしょう。


生地や素材、織りなども様々ですが、今回は「スタイル-型-」について説明します。


ウェディングドレスは大きく分けて4つのスタイルがあります。


    1.Aライン  2.プリンセス  3.スレンダー  4.マーメイド


●「Aライン」・・・高めのウエスト位置から裾にかけてナチュラルに広がり、スタイルよく見せてくれます。


●「プリンセス」・・・スカートの下にふくらみを出すためのパニエをはくため、スカートにボリュームがあり、華やかな雰囲気が魅力。  


●「スレンダー」・・・体のラインに沿った細身のシルエットで、エレガントで優雅な印象を与えます。


●「マーメイド」・・・ひざ下のあたりから広がる人魚のようなラインが女性らしさを引き立ててくれます。


 


それぞれのラインが、とても女性の魅力を引き出してくれますので、自分の体型や好みによって、じっくり選んでみてください。


 


ウエディングドレスのアリアンサ東京 さんのサイトが参考になると思います。


自宅でウェディングドレスを試着できるシステムがありますので、自分にあったドレスをじっくり選びたい方には朗報です。(全国無料発送)

デザイナーが直接対応できるウエディングドレスショップ。
50000円以下の格安ドレスも豊富に取り揃えています。

ウェディングドレスの始まり

純白のウェディングドレスの始まりをご存知ですか?


真っ白なウエディングドレススタイルを世界に広め、現在に続くウエディングの習慣を作り出すきっかけとなったのは、19世紀英国(1840年)のヴィクトリア女王の結婚式だといわれています。


わずか18才で英国女王となったヴィクトリアは、21才の時に従兄弟のアルバート公と結婚します。


当時では珍しく、愛する男性との恋愛結婚を貫いた初々しい花嫁は、期待に胸ふくらませながら結婚式のための衣装を選びました。


それまでの宝石ずくめの豪華な式服ではなく、自分らしい花嫁衣装として、英国製シルクの真っ白なヴィクトリアンスタイルのウエディングドレスに、宝石ではなく繁栄の印とされたオレンジの花のみを飾り、宝冠の代わりに英国製のレースのベールを被り、宝杖の代わりに手には小さなコロニアルブーケのみを持ち、セント・ジェイムス宮殿で結婚式を挙げました。


それまでの英国王のイメージとは違う、純真で清純な若き英国王のウエディングファッションは、パレードを見送る英国民はもちろんのこと、そこに集う諸国の人々に、新しい英国の誕生を印象づけました。すでに印刷技術が進んでいたため、そのスタイルは新聞やパンフレットで大きく扱われ、英国を称えるニュースと共にヨーロッパ中をかけ抜けました。その後、ヨーロッパ中の貴族の花嫁がこれに習うようになったのは言うまでもありません。その習慣はやがて庶民にも広まります。



そして今も続くウエディングの古い習慣、三段重ねの高いウエディングケーキ(英国ではシュガークラフトで飾られたフルーツケーキ)、サムシング・フォー(古い物、青い物、新しい物、借りた物の4つを身につけたブライドは幸せになれる)なども、ヴィクトリア時代に確立しました。


ヴィクトリア女王が純白のドレスを着る以前の結婚式や戴冠式などセレモニーのための式服は、大変豪華なもので、家系の豊かさと富を表現するために贅を尽くされ、全身に宝石をつけ、重々しいドレスで行われていたそうです。


それを考えると、愛する男性に嫁ぐには、家系の豊かさや富などは関係ない。相手に対して純真な自分さえいればいいとしたヴィクトリア女王から始まった「純白のウェディングドレス」は、まさに「愛のためのセレモニー」に相応しい衣装と言えます。


 


 


この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキング←ぽちっとしてくださいね!あなたの応援が私の支えです。


 

ウェディングドレスの始まり

純白のウェディングドレスの始まりをご存知ですか?


真っ白なウエディングドレススタイルを世界に広め、現在に続くウエディングの習慣を作り出すきっかけとなったのは、19世紀英国(1840年)のヴィクトリア女王の結婚式だといわれています。


わずか18才で英国女王となったヴィクトリアは、21才の時に従兄弟のアルバート公と結婚します。


当時では珍しく、愛する男性との恋愛結婚を貫いた初々しい花嫁は、期待に胸ふくらませながら結婚式のための衣装を選びました。


それまでの宝石ずくめの豪華な式服ではなく、自分らしい花嫁衣装として、英国製シルクの真っ白なヴィクトリアンスタイルのウエディングドレスに、宝石ではなく繁栄の印とされたオレンジの花のみを飾り、宝冠の代わりに英国製のレースのベールを被り、宝杖の代わりに手には小さなコロニアルブーケのみを持ち、セント・ジェイムス宮殿で結婚式を挙げました。


それまでの英国王のイメージとは違う、純真で清純な若き英国王のウエディングファッションは、パレードを見送る英国民はもちろんのこと、そこに集う諸国の人々に、新しい英国の誕生を印象づけました。すでに印刷技術が進んでいたため、そのスタイルは新聞やパンフレットで大きく扱われ、英国を称えるニュースと共にヨーロッパ中をかけ抜けました。その後、ヨーロッパ中の貴族の花嫁がこれに習うようになったのは言うまでもありません。その習慣はやがて庶民にも広まります。



そして今も続くウエディングの古い習慣、三段重ねの高いウエディングケーキ(英国ではシュガークラフトで飾られたフルーツケーキ)、サムシング・フォー(古い物、青い物、新しい物、借りた物の4つを身につけたブライドは幸せになれる)なども、ヴィクトリア時代に確立しました。


ヴィクトリア女王が純白のドレスを着る以前の結婚式や戴冠式などセレモニーのための式服は、大変豪華なもので、家系の豊かさと富を表現するために贅を尽くされ、全身に宝石をつけ、重々しいドレスで行われていたそうです。


それを考えると、愛する男性に嫁ぐには、家系の豊かさや富などは関係ない。相手に対して純真な自分さえいればいいとしたヴィクトリア女王から始まった「純白のウェディングドレス」は、まさに「愛のためのセレモニー」に相応しい衣装と言えます。


 


 


この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキング←ぽちっとしてくださいね!あなたの応援が私の支えです。


 

ウェディングドレスの始まり

純白のウェディングドレスの始まりをご存知ですか?


真っ白なウエディングドレススタイルを世界に広め、現在に続くウエディングの習慣を作り出すきっかけとなったのは、19世紀英国(1840年)のヴィクトリア女王の結婚式だといわれています。


わずか18才で英国女王となったヴィクトリアは、21才の時に従兄弟のアルバート公と結婚します。


当時では珍しく、愛する男性との恋愛結婚を貫いた初々しい花嫁は、期待に胸ふくらませながら結婚式のための衣装を選びました。


それまでの宝石ずくめの豪華な式服ではなく、自分らしい花嫁衣装として、英国製シルクの真っ白なヴィクトリアンスタイルのウエディングドレスに、宝石ではなく繁栄の印とされたオレンジの花のみを飾り、宝冠の代わりに英国製のレースのベールを被り、宝杖の代わりに手には小さなコロニアルブーケのみを持ち、セント・ジェイムス宮殿で結婚式を挙げました。


それまでの英国王のイメージとは違う、純真で清純な若き英国王のウエディングファッションは、パレードを見送る英国民はもちろんのこと、そこに集う諸国の人々に、新しい英国の誕生を印象づけました。すでに印刷技術が進んでいたため、そのスタイルは新聞やパンフレットで大きく扱われ、英国を称えるニュースと共にヨーロッパ中をかけ抜けました。その後、ヨーロッパ中の貴族の花嫁がこれに習うようになったのは言うまでもありません。その習慣はやがて庶民にも広まります。



そして今も続くウエディングの古い習慣、三段重ねの高いウエディングケーキ(英国ではシュガークラフトで飾られたフルーツケーキ)、サムシング・フォー(古い物、青い物、新しい物、借りた物の4つを身につけたブライドは幸せになれる)なども、ヴィクトリア時代に確立しました。


ヴィクトリア女王が純白のドレスを着る以前の結婚式や戴冠式などセレモニーのための式服は、大変豪華なもので、家系の豊かさと富を表現するために贅を尽くされ、全身に宝石をつけ、重々しいドレスで行われていたそうです。


それを考えると、愛する男性に嫁ぐには、家系の豊かさや富などは関係ない。相手に対して純真な自分さえいればいいとしたヴィクトリア女王から始まった「純白のウェディングドレス」は、まさに「愛のためのセレモニー」に相応しい衣装と言えます。


 


 


この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキング←ぽちっとしてくださいね!あなたの応援が私の支えです。


 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。