結婚おめでとう!
結婚式、披露宴、ハネムーン、招待状の出し方、スピーチのノウハウなど結婚に関する情報満載!

これから結婚する人、結婚を考えている人、結婚したいんだけどまだ決心できない人へ向けて、結婚に役立つ情報や裏技を提供しています。
人生の一大イベントである結婚を楽しく成功させるためのお力になれたらと思います。

結納品の品目について

結納品の品目ってご存知ですか?


日本の縁起が込められた結納品の品目、知っていると面白いですよ。



  1. 金包み
    結納金の金包みのこと。男性から女性へは「御帯料」「小袖料」。女性から男性へは「御袴料」


  2. 熨斗(のし)
    のし鮑(あわび)のこと。日本では神への捧げものの代表として珍重され、お祝いごとには欠かせない。「寿命をのばす」の意味もある。


  3. 目録
    結納品の品目、数量を記入。品物の代わりに贈る代目録と、贈呈品に添えて差し出す副目録がある。


  4. 勝男節(かつおぶし)
    武家社会では、勝男武士といって男性の力強さを象徴した縁起物。保存食として永久普遍の意味もある。


  5. 寿留女(するめ)
    長期保存に耐え、祝いの酒の肴に最適。そして、かめばかむほど味が出ることから、「末永く」の願いがこめられている。


  6. 子生婦(こんぶ)
    海底での生命力にちなんで、子孫繁栄を象徴。子宝に恵まれる願いをこめている。「よろこぶ」に通じ、祝い事によく使われる。


  7. 友志良賀(ともしらが)
    麻ひものこと。めったに切れないことから、夫婦の絆を強くし、共に白髪の生えるまで添い遂げることを願っている。


  8. 末広(すえひろ)
    無地の白扇。扇は福を招き、末広がりに繁栄することを願うもの。同時に結納では、潔白無垢の意味も含めて贈る。


  9. 家内喜多留(やなぎだる)
    祝いごとに欠かせないお酒を入れた柳樽のこと。一般には酒肴料として金包みを用いる。 

ナツメ社出版 「清紫会」新・作法学院学院長 近藤珠實監修
 二人のしあわせブライダルより引用しました。





最近では、上記のような結納品を簡易に済ますこともあり、結納品ショップでは、結婚する二人に合わせたオリジナルの結納品セットを揃えているところもあるようです。

【ミニ結納】「 チェリー 」食事会にぴったり!赤もうせん・指輪飾り・福槌付←こちらは、婚約指輪を一緒に贈ることを考慮した、簡易結納セット。
あたらしい結納のかたちですね。(クリックで拡大)

結納品の品目について

結納品の品目ってご存知ですか?


日本の縁起が込められた結納品の品目、知っていると面白いですよ。



  1. 金包み
    結納金の金包みのこと。男性から女性へは「御帯料」「小袖料」。女性から男性へは「御袴料」


  2. 熨斗(のし)
    のし鮑(あわび)のこと。日本では神への捧げものの代表として珍重され、お祝いごとには欠かせない。「寿命をのばす」の意味もある。


  3. 目録
    結納品の品目、数量を記入。品物の代わりに贈る代目録と、贈呈品に添えて差し出す副目録がある。


  4. 勝男節(かつおぶし)
    武家社会では、勝男武士といって男性の力強さを象徴した縁起物。保存食として永久普遍の意味もある。


  5. 寿留女(するめ)
    長期保存に耐え、祝いの酒の肴に最適。そして、かめばかむほど味が出ることから、「末永く」の願いがこめられている。


  6. 子生婦(こんぶ)
    海底での生命力にちなんで、子孫繁栄を象徴。子宝に恵まれる願いをこめている。「よろこぶ」に通じ、祝い事によく使われる。


  7. 友志良賀(ともしらが)
    麻ひものこと。めったに切れないことから、夫婦の絆を強くし、共に白髪の生えるまで添い遂げることを願っている。


  8. 末広(すえひろ)
    無地の白扇。扇は福を招き、末広がりに繁栄することを願うもの。同時に結納では、潔白無垢の意味も含めて贈る。


  9. 家内喜多留(やなぎだる)
    祝いごとに欠かせないお酒を入れた柳樽のこと。一般には酒肴料として金包みを用いる。 

ナツメ社出版 「清紫会」新・作法学院学院長 近藤珠實監修
 二人のしあわせブライダルより引用しました。





最近では、上記のような結納品を簡易に済ますこともあり、結納品ショップでは、結婚する二人に合わせたオリジナルの結納品セットを揃えているところもあるようです。

【ミニ結納】「 チェリー 」食事会にぴったり!赤もうせん・指輪飾り・福槌付←こちらは、婚約指輪を一緒に贈ることを考慮した、簡易結納セット。
あたらしい結納のかたちですね。(クリックで拡大)

結納品の品目について

結納品の品目ってご存知ですか?


日本の縁起が込められた結納品の品目、知っていると面白いですよ。



  1. 金包み
    結納金の金包みのこと。男性から女性へは「御帯料」「小袖料」。女性から男性へは「御袴料」


  2. 熨斗(のし)
    のし鮑(あわび)のこと。日本では神への捧げものの代表として珍重され、お祝いごとには欠かせない。「寿命をのばす」の意味もある。


  3. 目録
    結納品の品目、数量を記入。品物の代わりに贈る代目録と、贈呈品に添えて差し出す副目録がある。


  4. 勝男節(かつおぶし)
    武家社会では、勝男武士といって男性の力強さを象徴した縁起物。保存食として永久普遍の意味もある。


  5. 寿留女(するめ)
    長期保存に耐え、祝いの酒の肴に最適。そして、かめばかむほど味が出ることから、「末永く」の願いがこめられている。


  6. 子生婦(こんぶ)
    海底での生命力にちなんで、子孫繁栄を象徴。子宝に恵まれる願いをこめている。「よろこぶ」に通じ、祝い事によく使われる。


  7. 友志良賀(ともしらが)
    麻ひものこと。めったに切れないことから、夫婦の絆を強くし、共に白髪の生えるまで添い遂げることを願っている。


  8. 末広(すえひろ)
    無地の白扇。扇は福を招き、末広がりに繁栄することを願うもの。同時に結納では、潔白無垢の意味も含めて贈る。


  9. 家内喜多留(やなぎだる)
    祝いごとに欠かせないお酒を入れた柳樽のこと。一般には酒肴料として金包みを用いる。 

ナツメ社出版 「清紫会」新・作法学院学院長 近藤珠實監修
 二人のしあわせブライダルより引用しました。





最近では、上記のような結納品を簡易に済ますこともあり、結納品ショップでは、結婚する二人に合わせたオリジナルの結納品セットを揃えているところもあるようです。

【ミニ結納】「 チェリー 」食事会にぴったり!赤もうせん・指輪飾り・福槌付←こちらは、婚約指輪を一緒に贈ることを考慮した、簡易結納セット。
あたらしい結納のかたちですね。(クリックで拡大)

結納金と婚約指輪

結納金は、昔は嫁入り支度金や娘の労働力の代価として大変意味のあるものでしたが、現代ではいわゆる「しきたり」となってきています。


最近では、結納金と一緒に婚約指輪を送る傾向がありますので、結納金自体が「婚約記念の贈り物」という考え方に変わってきているようです。


「結納金は月収の2〜3倍が目安」という相場があるそうですが、収入やこれまでの貯蓄を考えて、自分達なりの金額でかまわないと思います。


例えば50万円を贈る場合、全部指輪代として50万円の指輪を贈ってもかまいません。


20万円の指輪で残りを結納金として包んでも良いでしょう。


女性は婚約指輪に憧れを持っていることが多いですので、彼女と話し合って指輪の予算を組めばよいですね。


結納金は他の結納品とともに、結納場所が和室の場合は床の間に、洋室の場合は応接セットの横のテーブルの上などに揃えておきます。


結納品の品目や数量を記入するものを「目録」といい、目録の書き方は地方によって差があるので、分からないときは両親や仲人、結納品を売っているお店などで確認すると良いでしょう。


一般に目録の書き方は、男性から女性へ贈る場合「御帯料」「小袖料」、女性から男性へ贈るときは「御袴料」となるようです。





結納金と婚約指輪、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援クリックお願いします!

結納金と婚約指輪

結納金は、昔は嫁入り支度金や娘の労働力の代価として大変意味のあるものでしたが、現代ではいわゆる「しきたり」となってきています。


最近では、結納金と一緒に婚約指輪を送る傾向がありますので、結納金自体が「婚約記念の贈り物」という考え方に変わってきているようです。


「結納金は月収の2〜3倍が目安」という相場があるそうですが、収入やこれまでの貯蓄を考えて、自分達なりの金額でかまわないと思います。


例えば50万円を贈る場合、全部指輪代として50万円の指輪を贈ってもかまいません。


20万円の指輪で残りを結納金として包んでも良いでしょう。


女性は婚約指輪に憧れを持っていることが多いですので、彼女と話し合って指輪の予算を組めばよいですね。


結納金は他の結納品とともに、結納場所が和室の場合は床の間に、洋室の場合は応接セットの横のテーブルの上などに揃えておきます。


結納品の品目や数量を記入するものを「目録」といい、目録の書き方は地方によって差があるので、分からないときは両親や仲人、結納品を売っているお店などで確認すると良いでしょう。


一般に目録の書き方は、男性から女性へ贈る場合「御帯料」「小袖料」、女性から男性へ贈るときは「御袴料」となるようです。





結納金と婚約指輪、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援クリックお願いします!

結納金と婚約指輪

結納金は、昔は嫁入り支度金や娘の労働力の代価として大変意味のあるものでしたが、現代ではいわゆる「しきたり」となってきています。


最近では、結納金と一緒に婚約指輪を送る傾向がありますので、結納金自体が「婚約記念の贈り物」という考え方に変わってきているようです。


「結納金は月収の2〜3倍が目安」という相場があるそうですが、収入やこれまでの貯蓄を考えて、自分達なりの金額でかまわないと思います。


例えば50万円を贈る場合、全部指輪代として50万円の指輪を贈ってもかまいません。


20万円の指輪で残りを結納金として包んでも良いでしょう。


女性は婚約指輪に憧れを持っていることが多いですので、彼女と話し合って指輪の予算を組めばよいですね。


結納金は他の結納品とともに、結納場所が和室の場合は床の間に、洋室の場合は応接セットの横のテーブルの上などに揃えておきます。


結納品の品目や数量を記入するものを「目録」といい、目録の書き方は地方によって差があるので、分からないときは両親や仲人、結納品を売っているお店などで確認すると良いでしょう。


一般に目録の書き方は、男性から女性へ贈る場合「御帯料」「小袖料」、女性から男性へ贈るときは「御袴料」となるようです。





結納金と婚約指輪、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援クリックお願いします!

結納って、いつから始まったの?



最近は結納を省略するカップルも増えているようです。


結婚は二人だけの問題ではありませんので、地域の習慣や両家の意向を話し合って、結納を行うかどうか決めるのが良いようです。


では、結納が始まったのはいつぐらいからなのでしょう?


起源は古代の母系社会にさかのぼるようです。


そのころの結婚は、男性が女性の家に通う形をとっており、通うためには女性の親、とくに母親の了解を得る必要があったそうです。


母親に気に入ってもらうために、酒と肴を持って許しを請いに行ったのが始まりで、「結」とは、女性の持っている同族結社のことと考えられています。


結社に収めるものが、後に金品に変わったというわけです。


お母さんに取り入るのは、昔も今も「一苦労」ですね。





この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援クリックお願いします。

結納って、いつから始まったの?



最近は結納を省略するカップルも増えているようです。


結婚は二人だけの問題ではありませんので、地域の習慣や両家の意向を話し合って、結納を行うかどうか決めるのが良いようです。


では、結納が始まったのはいつぐらいからなのでしょう?


起源は古代の母系社会にさかのぼるようです。


そのころの結婚は、男性が女性の家に通う形をとっており、通うためには女性の親、とくに母親の了解を得る必要があったそうです。


母親に気に入ってもらうために、酒と肴を持って許しを請いに行ったのが始まりで、「結」とは、女性の持っている同族結社のことと考えられています。


結社に収めるものが、後に金品に変わったというわけです。


お母さんに取り入るのは、昔も今も「一苦労」ですね。





この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援クリックお願いします。

結納って、いつから始まったの?



最近は結納を省略するカップルも増えているようです。


結婚は二人だけの問題ではありませんので、地域の習慣や両家の意向を話し合って、結納を行うかどうか決めるのが良いようです。


では、結納が始まったのはいつぐらいからなのでしょう?


起源は古代の母系社会にさかのぼるようです。


そのころの結婚は、男性が女性の家に通う形をとっており、通うためには女性の親、とくに母親の了解を得る必要があったそうです。


母親に気に入ってもらうために、酒と肴を持って許しを請いに行ったのが始まりで、「結」とは、女性の持っている同族結社のことと考えられています。


結社に収めるものが、後に金品に変わったというわけです。


お母さんに取り入るのは、昔も今も「一苦労」ですね。





この記事、お役に立ちましたか?
人気blogランキングへ応援クリックお願いします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。