結婚おめでとう!
結婚式、披露宴、ハネムーン、招待状の出し方、スピーチのノウハウなど結婚に関する情報満載!

これから結婚する人、結婚を考えている人、結婚したいんだけどまだ決心できない人へ向けて、結婚に役立つ情報や裏技を提供しています。
人生の一大イベントである結婚を楽しく成功させるためのお力になれたらと思います。

披露宴の直前の心得

披露宴の当日は、新郎新婦もその家族の皆さんも何かと忙しいもの。

前もって、披露宴の直前と披露宴直後に何をするのか、知っておくと心の準備ができます。

一般的には、挙式が終了し、披露宴が始まる前に親族を紹介し合い、記念撮影をします。

披露宴終了後は、両家の両親から媒酌人に挨拶をしてお礼を渡し、全てが完了することとなります。

挙式
終了後に新郎新婦と両家の親族は控室へ戻りますよね。
ちゃんとした結婚式場でしたら、結婚式前にはそれぞれの家別々の控室だったものが、結婚式後には両家一緒の控室となるはずです。

そのときに、両家の親族を紹介し合うわけです。

媒酌人が両家を引き合わせる形をとり、紹介していくのですが、各人自己紹介をしても良いし、父親や年長の親族がそれぞれ紹介していっても構いません。

新郎の側から紹介をはじめ、父親・母親・兄弟など新郎と血のつながりの深い順に紹介していくのが正式です。

親族紹介が終了すると、記念写真の撮影となります。
通常は2種類「新郎新婦のみ」の写真と、「両家の集合写真」の撮影です。

結婚式記念写真については、熟知したカメラマンの指示にしたがって、迅速に撮影してもらいましょう。

記念写真が終了したら、いよいよ披露宴となります。

これから、末永くお付き合いしていく両家です。
緊張せずリラックスして、和やかなムードで親族紹介ができるよう、心がけましょうね。

結婚式の様式とマナー
気難しく考えなくても、相手に礼を尽くせばよいのです♪
和やかに行きましょう!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。